« リニューアル準備中 | Main | 耐火セメント???? »

Thursday, October 19, 2006

築炉解説01耐火モルタルは万能じゃない

新しいホームページには、お問い合わせのあった築炉に関する質問の
回答編を用意する予定ですが、完成前にいくつか解説編を日記で
紹介したいと思います。

耐火モルタル(柔らかい粘土のような黄土色の形状)袋入りの製品の
他に練った状態の缶入りも発売されています。

どの方にもお伝えしたいこと「耐火モルタルを接着剤」と過信はだめ。
熱膨張と煉瓦を積むことの相関関係を理解下さればわかると思います。
ましてや、耐火モルタルを単独で構造物として使用するなど
もってのほかなんですが・・・・こんな例を今までよく伺って来たんですね。

ヒートセット(熱硬性)にせよ、エアセット(気硬性)にせよ、耐火モルタルを
使って煉瓦を積むのですが、熱膨張で力が入れば、モルタル目地は
切れることも想定しないといけません。目地の厚みはせいぜい3ミリ
エアセットだと、1・2ミリ程度の薄いものです。というのは、

理想は煉瓦ばかりの壁なら良いのですが、そうはいかないので、モルタル
で「つなぐ」わけです。モルタル部分は弱い。だからなるべく薄い方が良い。

これをセメントのように厚く塗ると、それだけで、収縮がおきて煉瓦が
沈むことになります。

でもたまにプロの窯でも目地が厚いものがありますから、大変です。

屋外で耐火モルタルを使用するときは特に雨水の浸食に気をつけて
下さい。

まあ、こんな感じで、正式OPEMまでは、書き連ねて行きますね。

|

« リニューアル準備中 | Main | 耐火セメント???? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 築炉解説01耐火モルタルは万能じゃない:

« リニューアル準備中 | Main | 耐火セメント???? »